「ラトリエ・エールドール」創るスクールを始める理由

「和氣さんは作ることを教えないのですか?」

今まで数人の方に聞かれたことがありました。

これまでは私の生み出したデザイン、作り出したプロダクトとしての商品を

みなさまに共感し、身につけて喜んでいただきたくて

コスチュームジュエリーブランドとして、商品提供のみをしてきました。

エールドールではこの数年、商品を販売するということだけでなく、

お客さまのさらなる魅力を引き出し、これから先へ向かう自分創りのお手伝いを

商品とお手持ちのもののコーディネートを中心にお話しすることで

お客さまのお役に立つことを取り組んできました。

時代は、より自分を大切に、自分の魅力や個性を磨き華咲かせる時になってきました。

私がアクセサリー作りを始めたきっかけのように、身につけたいものがないという

感覚をお持ちの方も多いと感じます。

自分の中の原石のような可能性を見つめて表現し、

自分を「 創る」ことをコスチュームジュエリーを通して

楽しむスクールを始めます。

ぜひ一緒に、より楽しく素晴らしい人生をクリエイトしていきましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000